ホーム >  活動報告 > 第7回全日本紫川ダンボールボートレースを開催しました

活動報告

第7回全日本紫川ダンボールボートレースを開催しました

11danballrace10_01.jpg マイタウン・マイリバー整備事業により、美しく甦った紫川。
 大型商業施設や商店街、各種交通機関が隣接する利便性の良い都市部で、水辺の自然環境を身近に感じることができる空間は、他に類を見ません。
 このような場所で、紫川に親しんでもらうとともに、にぎわいの創出や、環境首都のPRを目的に、環境にやさしい古紙(ダンボール)を使ったボートレースを開催いたしした。それぞれ団体が、工夫をこらしたボートを製作し、うまく漕ぐには、パワーだけではなく、テクニックも必要? バランスを崩せば、紫川に・・・! きれいな紫川で泳ぐのも一興? 見てるだけでも楽しくなりそうです。
 夏休み最後の日曜日、それぞれの想いを込め、力いっぱいオールを漕ぐ姿は圧巻でした。ご声援を頂いた皆様をはじめご協力頂いた関係者の方に御礼申し上げます。
 
 ■日 時 平成27 年8 月30 日(日)13 時~17 時

 ■スケジュール (予定)
11danballrace10_03.jpg 13:00~13:30 集合写真・開会式
 13:30~14:30 予選レース
 14:30~15:30 決勝レース・表彰式
 15:30~16:00 自由航行
 16:00~17:00 解体作業

 ■場 所 紫江'S 前 水上ステージ周辺

 ■参加艇数 57 艇(予定)    
部門 船名 船名
親子 米一少年組 武士丸(ブシマル)
ミィちやん号 FREEDOM(フリーダム)
炎の船 ホワイトパール号
それゆけ!ヨシノ号  愛ちゃんGO!2015バージョン
八五丸(ハチゴウマル) ひまわり号
金剛 それゆけ カミタニGo!
G40 行くぞ!!みんなの西鉄バス 出撃!護岸ブロック
うっキッキー1号 けいしゅう2号
OranngePeelⅣ  
イカダカ団!! 北青会55周年号
made in vietnam フライング丸山タイガー1号
まなびば大分1号  
女性 あんだんてかんたーびれ号 L I F E 号
Go!Go!九メタ号 ピンク ほっとするほたる号
Proud Mary ていたんと森の仲間たち号
アレコレ ニモカ・スゴカ号 もあもあ号
ヒートTK 小倉おもてなし号
アポロ号  
G30 薩長連号 よみガエル号
ホワイト・シー 海(ウミ)
F2 Revenge飛躍2015
Go!Go!九メタ号 ブルー 無農薬有機栽培号
まなびば大分2号 HAPPY BIRTHDAY ちはる
有薗ブレース3号 チチカカ号
G20 あなたのいちばんに~号 チビ丸子君
イングスクラブ2号艇 空(ソラ
NITタンク 冷やし道路はじめました
FDH号(エフディーエイチ) Bep号
グリーンバード号 西工大ジェット号
ぱぱらっち3号 イングスクラブ1号艇

 ■ルール  紫川ダンボールレースルールに則って実施する
  環境保護をメインテーマとする親睦レースなので、審査に対する抗議は一切
 受付けない。潮流や風による影響を最優先とし、コース変更をその都度実施する。
  1.レース方法
    参加艇をグループに分け上流マーク・下流マークを廻りポンツーンに
   タッチした時間で競う。スタートはボート後方を手で支え、合図により
   スタート 但し、手押しは反則とする。定員は2名とし、パドルは指定さ
   れたものを1本づつ使う。マーク2つの外を回り、ポンツーン到着は手で
   受取ったアシスト者の挙手とする。各レースの勝者にて決勝レースを実施
   予定とする。
  2.表彰基準(タイムレース)
    タイムレースの部 :1位・2位・3位
    主催者表彰の部  :特別賞・ユーモア賞
  3.その他
    ボートの前か後ろに係留と牽引を兼ねたロープ2m程度をつないでくだ
   さい。
    使用したボートの持ち帰りや廃棄は表彰式後の清掃活動までに申し出て
   ください。

 ■荒天・暴風時  平成27 年9 月6 日(日) 延期予定

 ■主 催  紫川マイタウンの会
 ■共 催  北九州市
 ■特別協力 日本トーカンパッケージ/日栄紙工社
 ■協 力  北九州上下水道協会/福岡ひびき信用金庫/アイルジャパン/
    眼科鍋島医院/北九州市立大学/日専連北九州/古船場一・二丁目町内会
    コカ・コーラウエストベンディング/ビックベアーズピザ/福岡銀行

 ●お問合せ  紫川マイタウンの会   北九州市小倉北区京町一丁目2-20
   代表 新井義則(アライヨシノリ)
     TEL・FAX (093)521-0727 携帯 090-1088-3056

紫川マイタウンの会では、その他にも紫川での様々なイベントを主催、サポートしていくことを通じて、北九州市の活性化に繋げていきます。

PAGE TOP

インフォメーション

  • mitsubachi_banner.jpg

  • 小倉都心部へのアクセス